日めくり実践ヒント100一覧

はじめに

この100選は、すべて心の専門家佐藤康行先生の書籍・公式ブログ・動画などで一般公開されているものから抜粋して構成しています
つまり、誰でもすぐできるものばかりです
サイドバーにある電光掲示板風のウィジェットに、一日一つ日めくりカレンダーのようにランダムに表示されます

コツは、深く考えずに素直に即実践すること
書くワークはそれぞれ専用にノートなどを用意し、集中して取り組んで頂くことをおすすめします

(スマートフォンなどは下にスクロールすると現れます)
(本サイトではできる限り詳細な解説を省いております。正確無比な内容を確認する上でも、講座やフォローなどで再確認することをオススメいたします)

書くワーク24選

1.【愛と感謝の海】専用に使うノートなどを用意して書く(※詳細は書籍『満月の法則』など参照のこと)

2.【置き換え】ノートの左側に、無駄に時間を使っていると思うことを書き、右にそれに代わる時間の使い方を書く(参考:数多く挙げて、優先順位をつけるのも良いかもしれません)

3.【完璧愛ポスト】用紙などを用意して書く(※詳細は書籍『満月の法則』など参照のこと)

4.【決定ノート】&【遂行ノート】それぞれ別のノートを用意。決定ノートは、これをやったほうが良いと思うことを、日付と共に箇条書きする。一通り書いたら、やったほうが良いと思うものは『○』コンプライアンスなどの理由でやらないほうが良いと思うものは『×』を付ける。特にやると決めた事項のみ遂行ノートに転記し、開始日・期限(デッドライン)・責任者・予算・レベルを書く。完遂したら○を付ける(遂行ノートは数を絞り込むことが推奨されている)

5.【(心の)ゴミ出し】心に内在する様々な思いを白紙一枚に殴り書き。書いたらその紙を捨てる

6.【成長発見ノート】昨日よりなにか一つでも自分で自分自身の成長を認められる点を発見。毎日記録する

7.【美点発見】特定の一人の美点を発見し、箇条書きで書く。(※人のほか、モノ、出来事・・・対象はなんでもできます)

8.【人を元気づける言葉】日々新たなボキャブラを発見し、専用ノートに追加していく(その言葉は毎日意識して人間関係で使用する。そして言葉は自分が一番聴いている)

9.【奉仕の倉庫】&【感謝の倉庫】それぞれ専用にノートを用意して、書く(※詳細は書籍『満月の法則』など参照のこと)

10.【わがままノート】専用にノートを用意して書く(※詳細は書籍『わがまますっきりノート』など参照のこと)

11.【ワクワクノート】専用にノートなどを用意して書く(※詳細は書籍『満月の法則』など参照のこと)

12.【自分を逆から見る】自分の心に浮かぶことをそのままノートに書き出して、読み返してみる

13.【幸せなこと、お世話になったこと、嬉しいこと】思いだし、ノートに箇条書きで書く

14.【自分の長所チェック】自分の長所を5つ書き、その5つを毎日生かせているかチェック

15.【心配事の優先順位】心配事を全部書き出し、優先順位を付けたら片っ端から片付けていく。(結果として妄想が消える。)

16.【直感だけの一日】直感だけで一日を過ごしてみて、その結果をノートに書いて振り返ってみる

17.【できなかったこと一覧】やろうとしても勇気が出なくてそのままになっていることなどを、まず箇条書きで書く。後日、できた項目は『○』、まだの項目は『×』を書く

18.【愛の翻訳】ノートの左ページに、●さん(特定の対象者)から言われた『そのまんま』の言葉を書く。右ページに、その言葉の奥に必ずある『愛の本音』に翻訳した言葉を書く

19.【心配事の解決】ノートの左側に心配事を一つ書き、右に解決策を思いつく限りたくさん書いてみる(書いた後の心の変化にも注目)

20.【先に心で完成】何かをやる前に、『何も書いていない白紙』に心の中の目標・設計図・計画の具体的シュミレーションを書いて完成させる

21.【目標の固定化】目標は必ずでっかく紙に書いて、いつも見えるところに貼る

22.【心で許す】自分が許せないと思う人達をノートに書いて順位を書く。軽い人から『心の中で』許せるようになるかチャレンジ

23.【もし●さんが自分だったら・・】●さん(特定の人物)になりきって、もし●さん(の立場)が自分だったらどうだろうかという想定で、気づいたことをノートにたくさん書いてみる

24.【サンタの目標設定】紙の上半分に、目標・今日の日付・得られる収入・収入の使い道・達成期日(デッドライン)を書き、紙の真ん中に横線を引く。下半分にお客様に与えられることを書く。

人間関係の急所23選

1.【その場メモ】誰かと約束事をした時は、その場でメモする

2.【5分、5秒、2秒】何か内容を検討する必要のあるものへの返答は5分以内。資料を出すのは5秒以内。名刺を出すのは2秒以内。

3.【瞬間笑顔】相手と目が合った瞬間に『ニコッ』と笑顔を返す

4.【発見してプレゼント】相手の良さや関心事を発見し、それを言葉にして相手に返してあげよう

5.【対人関係第一声】対人関係は第一声「ありがとうございます」「ごめんなさい」「おかげさま」を意識しよう

6.【仮説より確かめる】(対人関係で)想像して仮説を立てるより、実際に聞いて確かめよう

7.【相手の名前】会話の中で、「相手の名前」を何度も口に出そう

8.【光のボックス】対人関係では相手の言葉を一切受け取らず逆らわず、一旦全部『光のボックス』に入れる。そして愛の行動で返す(※光のボックスとは、すべてを瞬間に愛として受け止めるためのバーチャルの箱。)

9.【誤解を放置しない】人間関係でもし誤解が発生したらそのままにせず、その場で解決しよう

10.【自分から好き】人間関係では相手が自分のことをどう思うかよりも、自分から相手を好きになろう

11.【心の握手】人と話すときは(心の中で)相手とがっちり握手を交わし、そのまま最後まで接する

12.【聴話】人と話をするときは、自分の話を聞くのではなく、相手の話を聞こう。(相手の言葉のその奥の真我を聴くのです。聴話をすると調和をするのです)

13.【カバー】他人の欠点を見つけたら、(状況に応じて)自分がカバーしよう

14.【会えてよかった】自分と縁のあった人に「あなたに会えてよかった」という旨を伝える

15.【共通点】人との会話で、相手の話の中に自分との共通点を発見する

16.【電話】電話では語尾を上げて、明るいトーンで話してみよう

17.【なりきる&わかる言葉】人と接するとき、目の前の『●さん』になりきって、『●さんがわかる言葉』で伝えよう

18.【ありがとう】人に褒められても叱られても「ありがとうございました」と返そう

19.【目の前の人】目の前の人に何が出来るだろうか・・に集中してみよう

20.【報連相】結論から先に伝える。それも一言で伝える訓練をしよう

21.【サンタのそろばん】どれだけ相手が喜んでくれているのかというその一点に注目

22.【ありのまま】お面をかぶった人付き合いではなく、ありのままの自分で人と付き合おう

23.【本当の謙虚】人に褒められたら素直に喜ぼう

意識の急所17選

1.【不満はチャンス】もしなにかに不満を持ったら、その瞬間自分が変わるチャンスだと捉える

2.【取り越し苦労を消す】一度最悪の状態を想定して、心の中でまず受け入れてみよう。そして心の隅に置いておく。

3.【足元】何かの度に(これは一体私に何を教えてくれているんだろうか?)と思う。(※但し、自分の中で『これ』という答えが出ても、決してそうだと思い込まない)

4.【究極の選択に迫られたとき】「今日限りの生命。明日は無いと思ったらどちらを選択するか?」という前提で自問自答してみよう

5.【原点】『誰のおかげで今があるのか。原点は誰なのか』を見つめよう

6.【方針】素直に正直に即実践。感謝の心を忘れない

7.【個性】自分と他人を比較するのをやめ、自分の個性を咲かせることに専念しよう

8.【師】師匠と思える人と出会ったら、一度自己流のやり方を全部捨て、百パーセント師匠の言う通りやってみる

9.【対象は全人類】人と対話するときでも、全人類が自分の話を聞いているという前提で話そう

10.【全体から】『全体』から自分という『個』を捉えよう

11.【短所は長所】短所はむしろ生かせないか考えてみよう(但し、『暗い』ことは短所ではない)

12.【天に返す生き方】黄金の雨を天に返し、自分の手柄にしない。『おかげさまです』と自分以外のものに返していこう(そうすることで循環する)

13.【迷ったら近づけ】迷った時は先に行動してみよう

14.【愛は無条件】自分の身に何が起きても無条件に『これって愛なんですね』と受け止める。(理由はあとで発見できる)

15.【時空間】『時間と空間の一切の無駄を無くす』とまず決めて行動しよう

16.【やる気】もし目の前のことにやる気が起きないなら、期限を設定し、徹底的にそのことをやってみる

17.【弱さは強さ】自分にも『弱いところはある』と認めてしまおう

真我の習慣21選

1.【3つの口グセ】過去のことに対しては「これでよかった」今に対して「ありがたい」未来のことは「だからよくなる」を口グセにする

2.【間は魔】不要な『間』は無くそう。(そうすることで『魔』が入らなくなる)

3.【朝入浴】(できるだけ)朝も入浴して、一日をスタートしよう

4.【朝の読誦】『成功と幸福を呼ぶ言葉』を朝、魂を込めて声に出して読もう(※心の学校の小冊子)

5.【言い換え】他人を見て(うらやましい)と思ったら即座に「素晴らしい」と言い換えてみよう

6.【一ヶ月チャレンジ】何か一つでいい。最低一ヶ月の間チャレンジしてみよう

7.【イメージ】朝(今日一日会う人の笑顔と、自分の喜びの2つをイメージしながら)瞑想をする

8.【お金】お金を自分が決めた優先順位に沿って使ってるかチェックしよう

9.【お墓参り】お墓参りの時は、お墓の前で『原点の心』を声に出して読んでみよう(※心の学校の小冊子)

10.【カタチから】カタチからでも、嬉しそうに楽しそうに振るまおう

11.【行動クオリティ】『ニコニコ、テキパキ、ハキハキ』を心がけ実践しよう

12.【発信者】真我開発(満月の法則)のことを、人に会ったら『聞く』『発信する』をしてみよう

13.【愛の条件反射】小さな事も大きな事も、『びっくりして感動して感謝』しよう

14.【真我の実践】『真我の実践』この言葉をいつでもどこでも、何をしているときでも口グセに、また心の中で暗唱しよう

15.【お金はダム式で】先月よりもたとえ千円でも貯金を増やし、そこからあふれ出たもので生活をしていくサイクルにしよう

16.【寝る前のルーチン】夜寝る前に、明日一日の予定を立てて優先順位を付けよう

17.【本屋観察】本屋さんに行ったときどんな本に目が行くかなど、いつもと違う『自分』を観察しよう

18.【見本の一日】未だかつて熱意情熱迫力をもって一日集中し、全知全能をかけて、これ以上やったことがないという一日を実行し、それを毎日毎日やっていこう

19.【瞑想習慣】朝15分でも瞑想することを毎日の習慣にしよう

20.【目標を立てる】目標と期限は暗闇の中のろうそく。そして目標は立てるためにあるのではなく、やるためにある。いざ立てたら、天地がひっくり返ってもやる

21.【会う前ルーティン】人に会う前に目を閉じて(●さんはいい人だ・・●さんに早く会いたい・・)と繰り返し暗唱。本当に早く会いたいと心から思えるようになったら目を開けてすぐ会いに行く

その他の実践愛出あ15選

1.【確認確認また確認】組織でなにかをやるときは、まず確認。そして中間報告で確認。最終段階で確認という三回確認をする

2.【ゲーム】もし仕事が辛いと思ったら、目標を設定するなど、ゲーム感覚でその仕事を積極的に楽しんでみる

3.【元気なときの二択チャレンジ】今、自分が元気なら『元気の無い人を勇気づけてみる』または『あえて苦手な人に会いに行く』いずれかをやってみよう

4.【コーディネート】自分のコーディネートを一度、センスの良い友人に任せてみよう

5.【自信】もし今自信を失いかけてたら、自分を励ましてくれる人の所へ行こう

6.【高い視点】なにか問題が発生しても逃げずに向かっていく。また自分より高い視点での解決法を見つけてみよう

7.【真逆の心構えと言葉と行動】もし何か失敗した時は、そのときと全く逆の『心構え・言葉・習慣』を書いて、一度その通り行動してみる

8.【結論から見る】すべて結論から、反対から見る訓練をしよう

9.【反対のポジション】今の自分の仕事で、逆のポジションである「お客様側」を体験してみよう

10.【違う道】あえて普段通らない道を歩いて、発見を楽しんでみよう

11.【意識】自分の動きはどこを意識しているのかチェック『自分のため』『所属の会社のため』『業界のため』『日本のため』『世界全体のため』『人類意識を変える』

12.【直感でランチ】ランチはいつもと違うお店を直感で選ぼう

13.【流行】たまには意識的に流行に乗ってみよう

14.【恋愛】もし●さんが自分のことを嫌いでも、自分は好きでいられるか自問自答してみる

15.【嫌いな人と出会った意味】嫌いな人は単に波長が合わないだけ。「何かを教えてくれているのだ」という観点で、出会った意味を発見してみよう